読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系・器用貧乏ブログ

プログラマー兼デザイナー兼システムエンジニア兼サポセンをこなす器用貧乏。聞かれれば何でも答えて、頼まれればなんでもやります。

よくある質問!ウィルス対策ソフトはどうしたらいいですか?

 

先日の記事(緊急ミッション!ウィルス(トロイの木馬)を駆除せよ!)へのアクセスがある程度あるようなので、ウィルス系の記事を連投してみます。(笑

f:id:kiyou_binbou:20130305141716j:plain

いきなり、警告されました!どうしたらいいですか!?

やっぱり、いきなり警告が来たら誰でもびっくりしますよね!しかし、どうしたらといわれても… そのページを見るのは止めましょうとしか言いようが無いのです。

もし、自社のサイトや自分のサイトで警告が出るようであれば、管理者に報告したり、サイトのデータをウィルススキャンするなどの対応をしましょう。

 

さて、3月5日のお昼頃から、Googleの情報を元にブラウザーが警告を出すようになったサイトがチラホラみられるようになったようです。(上記警告画面は、とあるサイトのFirefoxの警告画面です)

Yahoo!のニュースにも、なっているようです。

ブロックされる理由を見てみると以下のような画面が表示されます。

f:id:kiyou_binbou:20130305182135j:plain

つまり、過去に何かしらの問題が検出されたページというのをGoogleが判断していて、警告をだしているというわけです。

 

一応、警告は出てますが、過去の状況を元にした簡易的な物(または誤検知)なので、必ず自分で別途ウィルス対策をしておきましょう。

 

ウィルス対策ソフトは重くなるので入れたくない!という方もいるかもしれませんが、少額 or 無料でウィルス対策ソフトを入れておくだけで、加害者になるリスクを減らし、パソコンのリカバリーなどの作業をしなくて済む(時間とコストを削減できる)と考えれば、多少パソコンの動作が遅くなろうとも入れておくメリットにはなるんじゃないでしょうか?

 

ウィルス対策ソフトは何を入れたらいいの?

ここからが本題ですが、「ウィルス対策ソフトは何を入れたらいいの?」という質問をよく受けます。そして、この答えは、「正直どれでもいいよ」ですが、敢えて答えるとすれは、「ウィルスバスター」をオススメしています。

オススメする理由は簡単で、「よく聞く名前のウィルス対策ソフトだから」

よく聞くということは、それだけ多くの人が使っていて情報が多いと言うことです。(実際、利用者数も多いはずです)ウィルスというのは日々新しい物が発見され、日々対策をしなければいけない物です。使っている人が多いソフトは、それだけ多くのウィルス情報を収集していて、更新も行われているということです。

また、このウィルスバスターは、クラウド対応になっています。最新のウィルス情報をリアルタイムで取得する事で、いつでも最新の対策が可能になっています。

ということで、とりあえず「ウィルスバスター」入れとけば?っと答えるようにしています。

 

まだ、何も入れてない人は、ぜひ、何かしらのウィルス対策ソフトを入れて下さい。

 

どうしても無料が良いという方は・・・

マイクロソフトが無償提供している、「Microsoft Security Essentials」を入れましょう。正規Windowsユーザーならば無償で使えますよ(^^;

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/security-essentials-download

広告を非表示にする